玄関ドアの交換が、たった1日で完成!


壁を壊す、一般的な玄関ドアの交換の場合は、
工事期間が5日程度掛かっていました。

LIXILの壁・床そのままのカバー工法「リシェント」なら
たった1日で完成し、壁や床を傷める心配もありません。

今回、1day リフォームした「リシェント狂軸悒疋◆廚寮宿幣霾鵝
本体型番:C61型
子扉:K11型
ハンドル:D3J
断熱仕様 : k4
枠バリエーション:親子
カラー:ハンドダウンチェリー(CC)
ガラス仕様:防犯合わせ複層ガラス
     (室外側)3mm透明ガラス /(空気層)12mm
     (室内側)4mm型板ガラス



 
                 
    Before           After
  











1日で、わが家の表情が美しく。
1.古いドアの取り外し
まず、古くなったドアやガラス、袖飾りなどを取り外します。




まず、ドア本体・子扉・ランマの
ガラスを取り外します。

 



 
2.不要な部分の切り取り
無目(むめ)・方立(ほうだて)などは縦枠・下枠などとの連結部から切り取ります。

<建具用語>
無目(むめ)上下につながった窓や上部に明り取りの窓がついたドアなどで、上下を仕切る横桟(よこさん)部材のこと。

方立(ほうだて)左右につながった窓や側部に明り取りがついたドアなどで、左右を仕切る縦桟(たてさん)部材のこと。


 


ランマのガラスを取り外し、
ランマの下枠材だった無目(写真中央)も
切り取ってしまいます。





丁番もすべて取り外します。




 
3.新しい枠の取付け
残した枠にサイズを合わせた新しい枠を取り付け、ドアやガラス・袖飾りを入れます。



 

古い枠の内側に新しい枠を入れたところです。
スペーサーで上下左右の間隔や傾き調整をします。





 
4.外と内に額縁を取付け
外額縁と内額縁を取付け、古い枠が見えない、きれいな仕上がりにします。



 





 
5.細かい補修やチェックを行って、たった1日で完了。



 
鋳物のデザインの味わいが、
ハンドダウンチェリーとの絶妙なマッチングを生み出し、
上品でエレガントな雰囲気を演出します。





破壊されにくい防犯合わせガラス。
優れた断熱性能で快適な室温を維持し、冷暖房費の節約になります。
防音断熱内窓との相乗効果で、年10,200円の節約に。

 
| KiraMira | 玄関ドア断熱リフォーム | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.kiramira-co.jp/trackback/194
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE