住宅のエコリフォームで国からの補助金がもらえます。

 

 

住宅ストック循環支援事業補助金

〜エコリフォームに対する支援〜

住宅ストック循環支援事業補助金の制度を利用し、持ち家の省エネ性能を向上させるエコリフォームをすると最大で300,000円補助されます。

 

 

 

<対応エコリフォーム>


ヽ口部の断熱改修

 A.ガラスの交換

 B.内窓の設置

 C.外窓交換

 D.ドアの交換

 

外壁、屋根・天井または床の断熱改修

 

設備エコ改修(3種以上を設置する工事)

 

* 銑の内、いずれか1つが必須、かつ 銑の補助額の合計が5万円以上

 

い修梁召旅事など

 E.バリアフリー改修

 F.エコ住宅設備の設置

 G.木造住宅の劣化対策工事

 H.耐震改修工事

 I.リフォーム瑕疵担保

 

´↓のエコリフォームに併せてぁE〜I)の工事等を行った場合、補助額が加算されます。

一戸当たり最大300,000円*耐震改修工事は+150,000円(最大450,000円)

 

 

 

 

〜襦Ε疋◆憤戸)断熱改修


A.ガラスの交換

出典:LIXIL

1.4岼幣 8,000円
0.8岼幣1.4嵬に 5,000円
0.1岼幣0.8嵬に 3,000円

 

 

B.内窓の設置

出典:LIXIL

2.8岼幣 20,000円
1.6岼幣2.8嵬に 14,000円
0.2岼幣1.6嵬に   8,000円

 

  

C.外窓交換

出典:LIXIL

2.8岼幣 20,000円
1.6岼幣2.8嵬に 14,000円
0.2岼幣1.6嵬に   8,000円

 

 

D.ドアの交換

出典:LIXIL

開戸1.8岼幣 引戸3.0岼幣 25,000円

開戸1.0岼幣1.8嵬に

引戸1.0岼幣3.0嵬に

20,000円

 

 

 

 

外壁、屋根・天井または床の断熱改修


改修後の各部位ごとに、一定の量の断熱材を用いる断熱改修が対象。

部位 全体を断熱した場合 部分断熱した場合
外壁 120,000円 60,000円
屋根・天井   36,000円 18,000円
  60,000円 30,000円

 

 

 

 

設備エコ改修(下記から3種以上の設置が必要)


1.太陽熱利用システム 2.節水型トイレ 3.高断熱浴槽

4.高効率給湯器・・・・・・・・各24,000円

5.節湯水栓・・・・・・・・・・・  3,000円

 

 

 

い修梁召旅事など


E.バリアフリー改修

●施工個所にかかわらず、改修を行った対象工事の種類に応じた額を補助

手すりの設置 便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路のうち、いずれか1箇所以上に1本以上の手すりを設置する工事 6,000円
段差解消 便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路のうち、いずれか1箇所以上の床の段差を解消する工事(勝手口その他屋外に面する開口の出入口及び上りかまち並びに浴室の出入口にあっては、段差を小さくする工事を含む。) 6,000円
廊下幅等の拡張 介護用の車いすで容易に移動するために通路又は出入口のうち、いずれか1箇所以上の幅を拡張する工事 30,000円

 

 

F.エコ住宅設備の設置

●5種類のエコ住宅設備のうち、1種類又は2種類の設備を設置する場合に補助(3種類以上設置する場合は、設備エコ改修に該当)

太陽熱利用システム

太陽熱を集熱するシステムにポンプなどの動力を用いるもの

*太陽光を電気に変える太陽光発電は、対象となりません。

24,000円
節水型トイレ 水量が6.5リットル以下で洗浄することができる大便器 24,000円
高断熱浴槽

専用ふろフタなどがセットの高断熱浴槽(湯温降下は4時間で2.5℃以内)

*湯温降下はJIS A1718の試算方法による測定

24,000円
高効率給湯器 エコキュート・エコジョーズ等の給湯器 24,000円
節湯水栓 手元止水・水優先吐水等の機能を有する水栓 3,000円

 

 

G.木造住宅の劣化対策工事

●施工個所にかかわらず、改修を行った対象工事の種類に応じた額を補助

●住宅瑕疵担保責任保険法人が取り扱うリフォーム瑕疵保険に加入するものが対象

小屋裏換気口設置     8,000円
小屋裏点検口設置     3,000円
浴室ユニットバス設置   30,000円
脱衣室の耐水性仕上げ     8,000円
外壁の軸組等及び土台の防腐防蟻措置   20,000円
土間コンクリート打設 120,000円
床下点検口設置     3,000円

*各1カ所のみ対象

 

 

H.耐震改修工事・・・・・150,000円/戸

●耐震性を有さない住宅を現行の耐震基準に適合させる工事

【現行の耐震基準】

〃築基準法施行令第3章および第5章の4に規定する基準

耐震改修促進法に基づく「地震に対する安全上耐震関係規定に準ずるものとして国土交通大臣が定める基準」(平成18年国土交通省告示第185号)

 

 

I.リフォーム瑕疵担保・・・・・11,000円/件

●質の高い施工が確保されます。

●万が一工事に欠陥があっても、リフォーム事業者が倒産しても、安心です。

●リフォーム瑕疵保険は、リフォーム時の検査と保証がセットになった任意の保険制度です。リフォーム工事を請け負った事業者が保険契約者となり、リフォーム工事に瑕疵が見つかった場合、補修費用の一定割合が保険金として支払われます。また、事業者が倒産していても、発注者は保険法人に補修費用を直接請求することが出来ます。

 

 

人に地球にお財布にやさしいエコリフォーム

 

| KiraMira | - | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.kiramira-co.jp/trackback/248
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE